関東でマイカーが事故車両になってしまったら?

関東では事故に限らず自然災害や鉄粉などの公害によって事故車両になってしまう車が少なくありません。
このような状態になってしまうと、せっかくのマイカーも買取されないケースも出てきます。

関東でマイカーが事故車両になってしまったら

関東でマイカーが事故車両になってしまったら、まずは買取を検討しましょう。

事故車両といえば事故になった車だけを言うと思われがちですが、集中豪雨で水没したり、工業地帯の鉄粉などで劣化したりした車も事故車両として扱われます。
そう考えると、関東地方は事故車両が多い地域といえ、マイカーが事故車両になることも珍しくありません。
このような状態になった場合、運転できるならそのまま修理をして乗り続ける手もありますが、手放したいと考える方も多いはずです。
そこでまず、利用したいのが買取業者です。
車の重要なパーツが破損した経歴を持つ事故車両の場合、査定額は非常に下げられてしまいますが、買取をしてくれる業者はいます。
事故車両でない同モデルの場合、30万~40万ほど査定額が下がりますが、動いて運転できれば買い取ってくれるのです。
ただ、事故車両は動かないものも存在します。
こういった場合は、一般の動かない車(バッテリー切れなど)とは違い、買取業者も買い取ってくれません。

関東で事故車両で動かない車になってしまったら事故車両買取専門業者へ

中古車買取業者やディーラーでは買取の値段がつかない、買取を拒否された場合、専門の業者に依頼すると買取を実施してくれます。
スクラップにする場合も部品取りとしてお金を払ってくれるだけでなく、自動車関係の税金は前納のものもあるので、廃車になった時点で残りの税金を還付する手続きを取ってくれます。
このように関東でマイカーが事故車両になってしまったら、査定減を覚悟で買取を依頼したり、廃車でも買い取ってくれる専門業者を利用してみましょう。

Be the first to reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA