大分の事業主の方、産業機械技能試験に助成金があるのをご存知ですか?

工場などでよく使われる産業機械。
ただこの産業機械は誰でも乗れるわけではありません。

車の免許と同じように、教習所に通い、免許や資格を習得する必要があります。
しかしここで問題となるのが、従業員分の費用を出すとなったら、事業主としては費用がかかります。

少しでも免許や資格を習得の費用を減らしたいという事業主の方、助成金制度があることをご存知でしょうか?
今回は従業員に産業機械の免許を取ってほしいが、経費を抑えたいまたは、資金繰りを気にする事業主の方に助成金のことを説明していきます。

産業機械技能教習所とは

建設や運輸、製造などで働く人のために、小型移動式クレーンやフォークリフト、高所作業車などの免許や技能が習得できるように講習を行うと事です。
費用は様々で、高いもので10万くらいの費用がかかります。

ではどういった助成金がうけられるのでしょうか?

助成金の種類

・トライアル雇用助成金
若年者(35歳未満)または女性を一定期間試験雇用することで、若年者や女性の就職促進に取り組む中小建設事業主に対して助成するもので、1人当たり月額最大4万まで可能です。

・人材確保等支援助成金
雇用管理制度助成コース、若年者及び女性に魅力ある職場づくり事業コース、作業員宿舎等設置助成コースの3つがあります。

雇用管理制度助成コースは、評価や研修制度などの雇用管理制度の導入による職場の雇用管理改善を通して、従業員の離職率低下や若年者または女性の就職促進に取り組む中小建設事業主に対して助成するものです。
最大108万円まで助成があります。

若年者及び女性に魅力ある職場づくり事業コースは、若年者や女性の就職や定着を図ることを目的にした事業を行った建築事業主に対しての助成金です。
最大で事業主の経費の3/4の助成があります。

作業員宿舎等設置助成コースは、被災県に所在する作業員宿舎や賃貸住宅、女性専用作業員施設を賃貸した中小建築事業主に対しての助成金です。
最大で経費の3/4の助成があります。

・人材開発支援助成金
建設労働者認定訓練コース、建設者技能実習コースの2つがあります。

建設労働者認定訓練コースは、認定訓練を行った中小建設事業主に対しての助成金です。
賃金助成として1日あたり日額で3,800円、生産性向上助成として日額1,000円がもらえます。

建設者技能実習コースは、雇用する建設労働者に有給で技能実集を受講させた建設事業主に対しての助成です。
経費女性と賃金助成が受けられます。

いかかがでしたか。
様々な助成金があることがわかったと思います。
ぜひ助成金を活用して、事業の役に立ててください。

Be the first to reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA