熊本の自然災害による復興、復旧作業のため建設業が大活躍

熊本は温暖な気候、豊かな水、広大な丘陵地が広がる地域です。県の北東部には世界最大級のカルデラを持つ阿蘇山もあります。このことから熊本は火の国とも呼ばれています。市中心部には日本三大城の熊本城があります。熊本は古く歴史ある地域とされています。

温暖な気候を生かし農業と水産業が盛んな熊本

熊本は温暖な気候を生かし畜農産業が盛んです。農業では全国第一位の生産量となる品目も多くあります。熊本の農業が盛んになった理由には地形的な要素が大きいでしょう。世界最大級のカルデラを有する阿蘇山、豊富な河川や地下水などの水源があることです、水産業も盛んな地域となり有明海、八代海、天草灘で漁業が行われています。これらの海では、魚を増やすため稚魚を育て海に放流するなど計画的な取組みが進められています。計画的な漁獲以外に養殖にも力を入れ、クルマエビ、海苔、真珠などを獲ることもできます。

自然災害による復興、復旧に尽力する建設業

温暖な気候と自然に恵まれる熊本ですが、近年自然災害による被害を受けました。熊本地震や豪雨災害です。これら被害により建設業では各被害地域の早期復旧に向け全力を注いできたでしょう。そのおかげで、現在は熊本地震の被害地については一部の山間市域を除いて復興事業が完了しています。また、豪雨災害の地域については復旧、復興がはじめられた状況です。豪雨被害の被災地は道路事情が悪い険しい山間部という地域の特性から復旧、復興に時間を要しているようです。このようなことを考慮しても熊本では今後も建設業の需要が高い状態が続くのではないでしょうか。

将来に向けての柔軟な変化や働きかけによって得られること

建設業は、全国的に担い手不足など多くの課題に悩まされているでしょう。熊本の建設業でも同じ状況です。このような課題を改善するために、建設業界では若者が入りやすい環境づくり、担い手の確保や育成、働き方改革などに対し積極的に取組んでいます。地域に密着した継続的な働きかけによって社会の変化に対しても柔軟に対応することができるようになるのではないでしょうか。

Be the first to reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA