在宅医療とは?メリットデメリットと姫路市で在宅医療を受ける方法について

日本の平均寿命は伸び続け、社会の高齢化が進んでいます。
よって今後、高齢者とその家族をいかに支えていくかが問われています。
兵庫県姫路市では、2019年に高齢期移行助成制度を制定しました。医療保険に加入している65歳から70歳未満の人の医療費の一部を助成する制度です。

在宅医療とは

在宅医療とは、介護・医療のプロフェッショナルが自宅を訪問し、医療行為を行うことです。
在宅医療には往診と訪問診療の二つがあります。
往診とは要請を受けた時のみ訪問する診療で、訪問診療は定期的に訪問して診療にあたります。
訪問診療の訪問回数や時期については相談した上で決定されます。目安は月に1~4回です。
また、在宅医療の内容は、訪問診療・訪問介護・訪問リハビリテーション・歯科診療などがあります。

在宅医療のメリットとデメリット

在宅医療のメリットは、自宅で安心して医療行為を受けられることでしょう。病院で医療行為を受けるのは、特に精神的な負担が大きくなりやすいです。よって在宅であれば、リラックスして医療行為を受けられます。
また入院に比べると、在宅の方が費用の負担は低くなます。なるべくコストを抑えたいという人に適しているでしょう。

デメリットは、受けられる施術が限られることです。在宅医療の場合、高度な検査や治療を受けることはできません。よって、緊急時の対応が困難になります。
また家族の負担が増えることもデメリットといえるでしょう。訪問医療や訪問看護によって、助けられる場面は多いでしょう。しかし、それ以外の時は家族の支援が必要になります。

姫路市で在宅医療の相談するにはどこで?

姫路市で在宅医療の相談をしたい場合は、地域包括支援センターで相談するといいでしょう。
地域包括支援センターは、姫路市内の23箇所にあります。
地域包括支援センターとは、介護や医療など様々な側面から高齢者をサポートする事業所です。地域包括支援センターを利用できる人は、65歳以上の人、65歳以上の高齢者のいる家族、介護や医療関係者などです。
相談は無料で行うことができますので、お近くの事業所を検索してみてください。

Be the first to reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA