群馬で太陽光発電をしてもパネルはどう処分する?

群馬で太陽光発電をするケースが増えています。
工場だった場所を利用して太陽光発電をする場合はもちろんのこと、自宅の屋根に太陽光パネルをつけることも少なくありません。
そんな太陽光パネルも永久に使えるものではなく、製品寿命が25~30年とされています。
そんな太陽光パネルの処分はどうするのでしょうか。

群馬でも太陽光パネル廃棄問題が将来の問題になっている

群馬では今のところ大量の太陽光パネルの廃棄は発生していません。
しかし、大規模な太陽光発電を行っているところも多く、問題化する可能性も十分に秘めています。
太陽光発電や風力発電など様々な再生可能エネルギーを、「主力電源」のひとつとして、長期的に利用していくためには、こうした廃棄物問題を無視できません。
実際全国で予想される太陽光パネルの排気量は、2020年には2,808トン、2030年には28,788トン、2039年には775,085トン(製品寿命25年とした場合)、枚数は実に3,875万枚を超えるといわれています。
従来の廃棄物であれば破砕して埋めればよいのですが、群馬で発生する分だけでも群馬県内では処理しきれないとされています。

群馬では現状リサイクルが困難も他県で太陽光パネルのリサイクルが実施されている

太陽光パネルは現状、群馬では埋め立て廃棄が主流です。
しかし、太陽光パネルは有機物が含まれているということが判明しており、安易に埋め立て廃棄をするのは危険とされるようになってきました。
そのような動きによって他県では、いくつかの企業が太陽光パネルの専用リサイクルラインを設置しリサイクルに乗り出しています。
自動車関連産業が盛んな群馬県もこういった流れに乗って、太陽光パネルのリサイクルに乗り出すことが重要といえるでしょう。
現在はコストが課題になっていますが、群馬の産業技術でその問題を解決できることが望まれます。

Be the first to reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA