都心部にも放課後等デイサービスはある?千代田区の放課後等デイサービス

千代田区の放課後等デイサービス事情

千代田区の放課後等デイサービスの特徴は、数が少ないこと、千代田区でも中心部から離れていることが挙げられます。
基本的に放課後等デイサービスは、6歳~18歳までの障害のあるお子さんや発達に特性のある就学年齢の子どもが、放課後や夏休みなどの長期休暇に利用できる福祉サービスです。
そのため、住んでいるところと同じ行政区のサービスを利用することが少なくありません。
こういった事情から人口が少ない(昼間の人口は多いが、住んでいる人が少ない)千代田区では、放課後等デイサービスが3つしかないのです。
これは、東京の他の区や東京都下の各市町村に比べてもかなり少ない数といえるでしょう。
ただ、2012年に制度が発足した当初は2か所だったので、増えている傾向はあります。
こういった事情から選択肢は限られているのが現状です。
また、千代田区といっても九段南や駿河台、外神田といった、比較的中心部から離れた場所にあります。
そのため、通勤途中で千代田区の放課後等デイサービスに預けてといった利用方法が、しにくい場合も少なくありません。

千代田区の放課後等デイサービスを運営しているのは?

千代田区の放課後等デイサービスを運営しているのは一般社団法人や企業です。
放課後等デイサービスを運営している一般社団法人は、子どもの育成関連の事業を行っている組織です。
その活動の一環として、放課後等デイサービスを運営している形になっています。
企業は、発達障害特化の就労支援を行う企業や発達障害の支援を行う企業などが千代田区の放課後等デイサービスを運営しています。
いずれも他の区や市でも実績があり、そのノウハウを千代田区の事業所で展開しているといった形です。
他の区や市区町村の場合は、個人やその施設だけで放課後等デイサービスを運営しているケースがほとんどです。
しかし、大手の福祉サービスの企業が中心になって放課後等デイサービスを運営しているという点が他のエリアにはない、千代田区の特徴といえるでしょう。

Be the first to reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA