岐阜県市町村が取り組んでいる太陽光発電補助制度の実態

近年、クリーンなエネルギーとして太陽光発電が話題になっています。文字通り太陽から発せられた光エネルギーを電力に変換する発電方法で、太陽光発電はさまざまな地域で導入されています。太陽光発電に関しては2022年6月に米国が太陽光パネルにかかる関税の免除を発表、日本でも太陽光パネル設置の義務化を小池知事が推進するなど、急速に関心が高まっている状況です。そうした状況下にあるなか、太陽光発電を利用した岐阜県の取り組みについてご存知でしょうか。

太陽光発電で使用される機器について

まずは太陽光発電について簡単に解説していきます。おそらく多くの方が「太陽光発電はソーラーパネルを使って電気エネルギーを得るシステム」と考えているのではないでしょうか。ところが実際に使用する機器は主に二種類あります。ソーラーパネルとパワーコンディショナーです。パワーコンディショナーはソーラーパネルで発電した直流電流を交流に変化させるために使用されます。家庭で使われる電気は交流なので、ソーラーパネル単体では住宅に電力を供給できません。そのため、一般住宅に太陽光発電を導入する場合はソーラーパネルだけでなくパワーコンディショナーも設置しなければなりません。一度設置するだけで停電時に活用できる面もあり、非常に有用な機器です。

岐阜県市町村の太陽光発電に関する支援制度

結論を言えば、国・県には住宅用太陽光発電設備などに対する補助制度は存在しません。しかし、一部の市町村では独自にエネルギーに関する補助がおこなわれています。岐阜県では本巣市や輪之内町、安八町、揖斐川町、大野町など、計13の市町村が自宅に太陽光発電設備を置いている住民に支援しています。詳細は岐阜県の公式ホームページ内にある「再生可能エネルギー・省エネルギーに関するFAQ」に記載されているため、岐阜県にお住まいの方は地域の支援制度を確認してみてください。

今後のエネルギー政策に注目が集まる

現状、国や県の太陽光発電に関する取り組みは遅れていると言わざるをえません。化石燃料を使用した火力発電による発電量は年々減少傾向にありますが、太陽光発電を筆頭に再生可能なエネルギーの利用が浸透していない状況です。しかし、小池都知事が太陽光パネル設置の義務化を急速に進めつつあるのも事実です。今後の再生可能エネルギー政策に関心が寄せられます。

Be the first to reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA