広島県のこれからの野菜栽培と農業について

広島県農業の次世代の担い手

広島県では瀬戸内海の温厚な気候と、山岳地帯の積雪地帯という気候状況から、多彩な農作物が作られてきました。
そのため広島で生産される野菜は様々な種類があり、それぞれたくさんの特産品が生まれています。
みかんやきゅうり、きゃべつやトマトなどもその例となっています。

しかし、少子高齢化によって次世代の農業の担い手が少なくなっているという現実も目をそらしてはいけない現実です。
県内の農業は高齢化が進み、農家を続けることが困難となった方も多くおり、さらに若者の農業場馴れも加速しているとのこと。
そして広島県の立地が急傾斜地が多いことから農業事態が重労働となり、耕作を放棄してしまう農家も年々増加。
山間部では集落そのものが姿を消すケースもあるとのこと。
そのため、広島県では2005年に74000戸あった農家も、2015年には56000戸と急激に減少しているのです。
平均就業者の年齢も、2005年には66.8歳であったのに対し、2015年には70.2歳になっていると言われています。
このように、年々と農業を行う方が減少しているという現実があるのです。

広島県で農業をするための取り組み

次世代の農業就労者を増やすために、県内や農業組合が現在様々な農業支援施策を実施しています。
特に新規で就農したい方には地域によっては10年以上の賃借権の設定した方に対して、集積した面積に応じた交付金を支給する制度やブドウ栽培体験会などで、農業に触れる機会を多くする取り組みもしているとのこと。
さらに農業の経営をしたいと言う方には、農業用の機械や植栽条件整備費用などの一部を事業支援する動きもあるなど、新しく経営する方にも支援プログラムを作っているのです。

そして、住まいを考えている方にも県が支援策として住宅を紹介する支援をしているとのこと。
お試し住宅や定住促進住宅の完備なども行い、さらには子育ての支援策も実施。
細かい部分にも取り組んで、広島県での農業を盛り上げようと取り組んでいるのです。
このように、様々な取り組みを経て広島県の農業を盛り上げようとしており、現在も若い世帯が農業をしようと移住している方も多くおられるのだとか。
外国人の方も多くおられるようで、県内外を問わず様々な方に来てもらおうとしているのです。
今後精力的に農業を盛り上げようとしている広島県では、いろんな世帯の方が農業に取り組むかもしれませんね。

Be the first to reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA