介護福祉士になるには?

介護の仕事をしていると、キャリアアップしていきたいと介護福祉士を目指す方もいます。
山口で福祉関係の仕事をしている方に介護福祉士について解説します。

介護福祉士とは

社会福祉士および介護福祉法を根拠とする国家試験をもっている人のことです。
ケアワーカーと別名で言われています。

介護福祉士になるには

介護福祉士は、国家資格を所得する必要があります。
資格を所得する方法は、介護業務に従事しながら所得する、福祉系の高校にいく、養成施設を卒業する、3つのルートがあります。

介護業務に従事しながら所得する方法として、実務経験が必要になります。
従業期間3年(1095日)以上、かつ従事日時540日以上に加えて、介護職員実務者研修の受講を行う必要があります。

福祉系の高校にいってから取得する場合は、卒業してから実務経験を9か月以上経過して、筆記試験や実技試験に合格すればできます。
平成20年度以前に入学した方は、卒業後に筆記試験、実技試験で合格すれば所得可能です。

養成施設を卒業してから所得する場合は、養成施設を卒業後、介護福祉士試験を受講し、合格すれば所得可能できます。
以上が、介護福祉士の資格を所得する方法です。

介護福祉士の給料

だいたい相場は、20万~25万くらいになると思います。
バイトの場合は、時給1300円くらいになります。

介護福祉士の仕事内容

ではどんな仕事をするのでしょうか?
主に介護業をします。

利用者の身体を介護する身体介護や家事などを全般的に行う生活援助などが仕事内容をします。
また介護の専門家として職場で働くヘルパーへの指導やアドバイスを行うこともします。

いかがでしょうか。
資格をとることで仕事の幅が広がったり、国家試験ということで信頼もされやすいです。
資格を得るルートは、様々ですが、資格をとるのはすごくいいので、ぜひとってみてください。

Be the first to reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA