群馬の児童福祉事情とは?改めて児童福祉について知る

群馬の児童福祉事情を知る前に改めて知りたい児童福祉とは?

群馬の児童福祉事情を知る前に、改めて児童福祉について解説していきましょう。
児童福祉とは、児童に対して行政が行う福祉サービスを言います。
つまり、群馬県の場合は、国や群馬県、あるいは群馬県内の市町村が中心になって、未成年である児童に行う福祉サービス全般を指します。
例えば、群馬県では、群馬県の生活こども部児童福祉・青少年課が、この分野の群馬県における施策の中心になっているのが特徴です。
この部署では、様々な施策を行っていますが、主なものとして、子育て支援、児童相談、児童虐待の防止、要保護児童対策(乳児院などの施設監督)、ひとり親家庭支援、保育士の資格取得者の管理などもしています。
また、他の部署に通じますが、母子保健なども児童福祉の施策の一環として行っている点も特徴といえるでしょう。
もちろん、群馬県だけでなく、県内の各市町村にも該当する部署があるため、そこではさらに詳細な施策を行っています。
加えて、実際の児童福祉のサービスにおいては、民間の団体や組織なども協力して行っているのも注目です。

群馬の児童福祉事情

群馬県の児童福祉は、求人も多く盛んに実施されています。
主に保育士の求人が多い傾向ですが、最近は児童指導員など児童養護施設に勤務する求人もあります。
ちなみに児童養護施設は、保護者のない児童、虐待されている児童など、環境上養護を要する児童を入所させる保護施設のことで、近年明るみになりやすくなった児童虐待を早期に発見し、児童の保護を行うことを実施している施設です。
このような求人も増えていることから、群馬県では児童福祉の軸足が虐待を受けている児童にも移ってきている傾向が見て取れます。
ただ、それでも夫婦共働き世帯が増加している昨今において、求人の主役は保育士であり、現在も多くの児童福祉の求人が群馬県内に存在しています。
また、前橋や高崎だけでなく周辺の市町村にも多くの求人が見られるのも特徴です。

Be the first to reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA