千葉市で喀痰吸引が受けられ

政令指定都市に指定されて30年が経過した千葉市。海や緑豊かな自然に囲まれ、地球温暖化対策や自然保護対策を積極的に行なっています。また、新病院の整備や発達障害者施設の充実など、健康や福祉面でも充実しています。

医療的介護サービスが受けられる千葉市の訪問介護

千葉市内にはいくつもの訪問介護サービスを提供する事業所がありますが、ここでご紹介する千葉市の訪問介護事業所では、喀痰吸引など医療的な介護サービスも行っています。
自宅で介護にあたる場合、生活介護は訪問介護サービス、医療的ケアは訪問診療や訪問看護と複数の事業所に依頼することになります。
千葉市の訪問介護事業所は、医療的なサービスも兼ね備えているため、生活支援とともに健康管理や療養生活の支援も行うことができるのです。

喀痰吸引とは?

吸引装置を使い、痰(たん)を吸引することです。具体的には以下の三箇所です。
・口腔内
・鼻腔内
・気管カニューレ(カニューレとは管の意味)内部
喀痰吸引は医療行為に当てはまります。以前は医師や看護師しか行うことができませんでしたが、喀痰吸引等研修を修了することで、介護福祉士や介護職員も行うことができるようになりました。
健康な人は喀痰吸引をする必要がありません。
喀痰吸引が必要になる方は以下のような症状を持つ方々です。
・呼吸器系の疾患がある
・筋疾患がある
・神経変性疾患がある
・脳機能障害がある
上記のような症状を持つ方で、呼吸機能に異常をきたしている方です。また、自力で痰を排泄できない方も対象となります。

喀痰吸引の資格取得方法

介護施設や事業所で働いている介護職員であれば、資格取得に必要な学歴や経験は必要ありません。
都道府県知事から指定された事業所において研修を受けることで、喀痰吸引の資格を取得することができます。
研修は講義と演習からなり、全課程の終了後に修了証をもらい社会福祉振興・試験センターへ届け出て認定証の交付を受ける流れになります。

Be the first to reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA