神戸市で見る相談支援とその種類について

相談支援とは

相談支援とは障がい者が置かれている状況や悩みに対して相談に乗り、どうやって暮らしていくかを一緒に考えることをさします。
障がい者の中には日常生活を送るのになんら問題がない方もたくさんいることでしょう。
しかしながら日常生活を送るのにも困難な方もたくさんおられます。
また、軽度の障害を持っていたとしても、不安や自分の障害と向き合いながらもどうやって自立した生活が送れるようになれるかなど、様々な問題を抱えている方が大勢いるのです。

相談支援の種類と神戸市の現状

実は相談支援には大きく分けて3種類あるのをご存知でしょうか?
基本的には幅広い相談に応じるように、基本相談支援として取り組んでいる場所がほとんどです。
神戸市でも同様の制度の元で、相談支援を行っております。
しかし、もっと細かな相談支援を確立している種類もあるのです。

まずは地域相談支援という種類。
これは障害を持つ方が住んでいる地域でどうやって生活していくのかを相談し、支援していく内容になります。
例えば病院や施設を出た場合、住んでいる地域でどう自立していくのか、生活を続けるためにはどんな内容のサービスが使えるのかを一緒に考えます。

そして2つ目は、計画相談支援という種類。
これは障害を持つその方が様々な福祉サービスを適正にどう利用していくのかを考えるサービスです。
例えば定期的に施設利用をするにしても、そのサービス利用の仕方がわからない場合もあるのでそれのお手伝い、または継続してサービスを受けれるようにサポートしていくのです。

最後の3つ目は障がい児相談支援という修理。
主に未成年の子どもに対して、障害者向けサービスをどう利用していくかを考える内容です。
これは一般の社会人においても男女でサービス内容が違うこともありますよね。
同様に障がい者でも障害の重度軽度でサービス内容が異なるように、年齢によっても受けられうサービス内容に大きな差があります。
そういった内容の中で、個人に一番良いと思うサービスを一緒に考えるのです。

神戸市においても同様に相談支援を受けられるように整備されています。
市内でも大小10箇所以上事業所があるため、もしサービスを受けられるならまずはお近くの相談事業所まで行ってみるのがいいでしょう。

Be the first to reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA