埼玉にはソフトカバー製本を行う企業が多い?

本を製本する際、大きくソフトカバーとハードカバーに分かれます。
本を普段から読む方ならわかると思いますが、この二つは使い勝手や見栄えが全く異なる製本になります。
ソフトカバーは文字通り柔らかい製本です。マンガ、文庫本、ノートなどでよく見られる製本です。
対してハードカバーは外側が厚めのボール紙でできています。普通に使っている分にはまず折れ曲がるようなことはなく、カバー部分が本よりも一回り大きく作られています。
新刊の本や絵本、写真集などはハードカバーで作成されることが多いです。

ソフトカバーとハードカバーの違い

耐久性や高級感などがあるハードカバーに比べて、ソフトカバーは費用が安い、ページがめくりやすい、軽くて持ち運びが容易などの利点があります。
プレゼントなどはハードカバーの方が最適かもしれませんが、手に馴染みやすく使いやすい本はソフトカバーであることの方が多いでしょう。自費出版などをお考えの方がいれば、よほどのこだわりがなければコストの面からもソフトカバーを選んだ方がよいです。

埼玉のソフトカバー製本企業

埼玉にはソフトカバーを中心とする優れた製本技術を持った企業がたくさんあります。
都心近郊は人口が多いため、ノートや書籍の製本数も多いためと考えられます。
でも、都心での需要が多いからって近くに工場がある必要はないのでは?
どうせ運送するならどこにあっても同じでは?
と思われるかもしれませんが、書籍の量と重さを侮ってはいけません。
住宅を設計する際、本棚の下には床を補強するほど本には重量があります。
当然運送コストも手間もかかるため、製本工場から納品場所は近ければ近い方が良いです。
埼玉は人口が集中している都心部から程よい距離感というわけです。

ソフトカバー製本会社の特徴

とにかく大きな工場で大量印刷が得意な企業もあれば、老舗でユーザーの使い勝手を研究している老舗もあります。
企業の理念や工場の機材も異なるため、都度相談が必要です。

最近はスマフォの普及により本離れが進んでいるのも事実ですが、SNSなどで個人が影響力を持ち、自費出版をする人も増えてきています。
形は変われど、製本の需要はこれからも続いていくでしょう。

Be the first to reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA