文房具は問屋で仕入れることも視野に入れてみよう

商品の仕入れにはどのような方法があるのか

文房具の販売を個人事業主として始めたい方に向けてです。
副業として始めようとする方もご参加ください。
商品仕入先にはデパート、雑貨、書店などがあります。
通常は、定価とかメーカー価格で表示されています。
フリマアプリもあります。
商品の状態が出品者によって異なる点に注意が必要です。
オークションでは、価格が上がってきますが即決で購入する方法もあります。
商売をするなら、安く仕入れて高く売っていきたいです。
高すぎると売れにくいし、安すぎると多くさばかなければ利益が出ません。
元々文房具自体単価が安いので、多売の傾向はあります。
文房具は、問屋で仕入れる方法もあります。
仲介業者が無いので、安く仕入れを行うことが出来るからです。
文房具の問屋では、過剰生産やわけあり品もあります。
品質に差はありません。
人気アニメのキャラクターや、ファンシーでメジャーな商品もあります。
問屋は、主に都心部を中心と駅近くに店舗があります。
自身の目で商品を選ぶのは、購入者自身も楽しめます。
店舗に足を運ぶことが難しい方は、ネットでの購入方法もあります。

問屋で仕入れにあたっての注意点

ネットで購入される場合は、いくつか注意点があります。
文房具問屋仕入れなどと検索するとサイトが何社かでてきます。
価格が表示されていますが、会員登録することによって卸売価格が閲覧できます。
一般の方は、購入できないところが注意点です。
開業準備中や、実店舗を持っていない点は問われません。
登録項目に、会社名を必須入力するところがあります。
会社名を決めておきましょう。
価格は安いですが、一定金額以上購入しないと送料が無料にならないことがあります。
支払い方法がサイトにより異なります。
代引きのみとか、指定されたクレジットカードなどです。
登録したいサイトに決済方法の準備をしておきましょう。
前払いのところもあるからです。

Be the first to reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA