福島のオフィスでも活躍!業務用印刷機と家庭用印刷機の違いとは?

福島では、多くの事業所があり、そこには必ずといっていいほど印刷機が置かれています。
しかし、コストが高いものも多い業務用印刷機ではなく、安価な家庭用印刷機を利用しようと考えている方も少なくありません。
そこで福島の企業が利用している業務用印刷機と福島の住宅で利用されている家庭用印刷機との違いを紹介します。

福島の事業所で使われている業務用と家庭用の印刷機の違い

福島で利用されている業務用印刷機と家庭用印刷機との違いを紹介していきましょう。
その違いとは、コスト、インク、印刷方式、機能が主なものとして挙げられます。
コストは印刷コストです。
業務用印刷機は、一枚当たりのコストが非常に安く、家庭用の1/3以下というモデルも珍しくありません。
インクも業務用印刷機は圧倒的に大きなものを採用しており、1セットあたりに印刷できる枚数の多さは業務用が圧倒しています。
そのため、インク交換の頻度も少ないのが特徴です。
福島は地域によってインクの入手が面倒なこともあり、業務用のインクはそういった地域にメリットがあるといえるでしょう。
印刷方式も異なります。
業務用印刷機のインクは色の変化が少ないため何度印刷しても安定した印刷が可能です。
これは、家庭用の印刷機がインクジェットなのに対し、業務用印刷機はレーザー方式を採用していることによって安定した印刷を実現しています。

最後の機能は、業務用印刷機の場合、取り込んだ資料などをファイル化して保存したり、FAX管理機能やICカード管理機能によるセキュリティ対策が施されていたり、モデルによっては製本も可能になっていたりします。

福島の事業所ではどんな印刷機を導入すれば良いのか?

業務用印刷機は様々な面で高い機能を持っていますが、導入のコストは家庭用の印刷機よりも高額です。
そんな福島の事業所でも安価な家庭用印刷機を導入すべきケースもあります。
それは、月間印刷枚数が1,000枚以下、大量印刷しない、画質を重視しないといった事業所です。
とりあえずプリンターから印刷できればいい、書類を扱う業務ではない、といった事業所であれば家庭用の印刷機でも十分といえます。

Be the first to reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA