茨城に木造建築を建てるなら知っておきたいこと

木造建築とは?

新築を建てる際にまず重要になるのが建物の構造でしょう。
人によって木造建築にするか鉄骨建築にするか意見が別れることもよくあることです。
木造建築とは、その名の通り木材を使って作られた建物のことを言いますが、昔は時間による劣化を懸念し、木造建築を諦めるという方もいました。
しかし、今の技術であれば木造も鉄骨もほとんど強度の差はなくなり、メリットとデメリットも五分五分程度になりました。
茨城で木造建築を建てる前に、鉄骨建築との違いやメリットなどを知っておくと良いですね。

木造建築のメリット

木造建築のメリットとして最初に挙げられるのが、費用の安さです。
鉄骨建築よりも材質が安くすむためコストを抑えられるというメリットがあります。
しかし、木材の中には価値のあるものもあるため、建築する際は予算と相談をしながら材質を選んでいきましょう。
続いてのメリットが建築の自由度が高いことです。
木造建築は基礎や柱によって強度をつけるので、そこさえしっかりしていれば、それ以外の部分は思い通りに設計することができます。
ですので、希望通りの家に仕上げることが可能です。
さらに、シンプルな設計のおかげで将来リフォームもしやすいという利点もあります。
続いては調湿性です。
木は温度が高くなると湿気を吸い、乾燥すると逆に溜まった湿気を吐き出すという性質があります。
そのため一年中湿気や乾燥に悩まされず、快適に住むことができるのです。
またさらに、木には耐火性があることも外せません。
一見、木造建築の方が火事が起こる危険性があるように思いますが、実は一定以上の厚みになると燃えにくい性質を持ちます。
実際に木造建築に使用される木は太く、熱伝導率が低いというのが特徴です。
それでも鉄骨建築の方が火災には強いのですが、その代わり鉄骨建築は倒壊しやすいという性質を持っています。
ですので、木造だからと言って決して鉄骨建築より頑丈というわけではないのです。
ぜひ木造建築を建てる際は参考にしてみてください。

Be the first to reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA