熊本の保育園を探すなら

保育園の民営化というのは

子供を保育園に預けたいが、抽選漏れして諦めてはいませんか。
保育園が見つからず、仕事への復帰を断念する方もいます。
保護者の方に朗報です。
以前の公立保育園は、国の補助金で運営されていました。
補助金が廃止になり、公立保育園だけでは運営が難しくなってきたのです。
予算も取れないので、サービスの質の低下の心配もされています。
そもそも保育園の対象は、保護者が仕事や介護等で、子供をみるのが難しい方なのです。
子育ての保育をプロにお任せしている状態です。
法律で管轄は市であると定められています。
公立でないとならない決まりはありません。
保護者が、他の事に専念できるように、民営でも担ってもらおうと設立されています。
設立する側も事業の幅が広がるようになってきました。

公立保育園とどう違うのか

熊本の保育園の民営には、一般企業、社会福祉法人、学校法人などがあります。
経営主体は変わっても、保育の内容はいままでどおりです。
各事業所によって力をいれているところなどや方針の違いがあります。
公立だけで、考えていた方もご検討ください。
公立以外が設立されることにより幅がひろがります。
メリットはいくつかあります。
待機児童の解消にもつながるところです。
熊本の公立保育園だったところが、民営化しているところもあります。
画期的なのが、幼稚園と保育園を合わせた事業所も誕生しています。
公立は方針や保育の内容が均一でした。
民営化だと会社のカラーがあるので、選択肢が増えます。
熊本の公立保育園は採用された職員は公務員でした。
地方公務員法によるものです。
公務員には試験があり、受験資格も決まっていました。
例えば保育士の場合ですと、専門学校卒や短大卒などです。
民間は学歴も異なり、経験も違います。
保育士は通信教育で取得できるので、別の経歴をお持ちの方もいます。
質の心配もありますが,均等に職員を配置できるよう努めています。

Be the first to reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA