埼玉で施設管理を依頼するには?そもそも施設管理とは?

施設管理とはどんな業務か?

施設管理は、一言で言えば、施設の設備点検やメンテナンス、電球交換のような簡易的な作業を伴う業務とその計画業務です。
この業務は、ビルやホテル、あるいは文化施設などの公共施設が対象になります。
施設の各設備が正常に稼働しているか、異常はないかといった点を常にチェックし、必要に応じて適切な判断が求められます。
厳密には清掃やセキュリティ、修繕などの業務は行われないことになっていますが、施設の規模や人員の配置に応じて、それらの業務の一部も担当することもあります。
この業務は外部委託しやすく専門の企業も埼玉では多く存在しています。

また、施設管理業務には施設管理業務の計画や立案にあたる業務もあります。
これは、外部委託が困難であり、社内の人材が担当する内製化を行うことがほとんどです。
それは、「施設戦略立案」、「立地計画立案」、「施設再編計画立案」、さらには「ファシリティコスト最適化計画立案」、「中長期施設改修計画」といった様々な施設管理にかかる計画を行う分野です。
長期的な管理や計画を行う必要があるため、外部に委託するのが難しい分野として考えられています。

このように施設管理に当たる業務には2つの分野が存在しています。

埼玉で施設管理を依頼するには?

埼玉で施設管理を依頼するには専門の会社に委託するのが一番です。
計画の策定といった分野での委託は難しいですが、施設の点検などを行う業務は委託できます。
埼玉には専門の会社がいくつかあるため、それらの企業に依頼することによって施設管理を丸ごと行ってもらえるでしょう。
また、自社にはない施設管理のノウハウも豊富なので、それらのノウハウを生かしてもらう意味でも外部委託するのがおすすめです。
ただし、繰り返しになりますが、施設管理にかかる計画などに関しては、自社で行う内製化を実施することがポイントになります。

Be the first to reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA