長崎の養殖魚は全国トップレベル

トップレベルの秘密には

長崎が、発祥の有名な食べ物がいくつかあります。
漁業も盛んにおこなわれています。
長崎は養殖魚の漁獲量も、全国トップレベルです。
魚介類の300種類近くを、扱っています。
ぶり類、タイ類、サバ類、アジ類などがあります。
長崎は九州の最西端に位置します。
いくつかの島々があり、海流が異なります。
気候も年間通して温暖ですが、水温も13~30度を保っていて養殖魚によい環境にあります。
養殖は、いけすの中で育てます。
水質や水温にも、気を配ります。
特にエサにもこだわりを入れます。
魚の成長に合わせて、いけすの大きさも変えていきます。
動物園の動物達と同じように、健康観察はしっかりと行います。
成長して食べられるまでに、2年くらい要します。
生産量は、ピークのS57年ごろから減少しています。
一つは、長崎の養殖魚に携わっている技術者が高齢化してきていることです。
継承者が、少なくなってきていることにもつながります。
海水の温度が上昇してきて、以前のような生産量を誇ることが難しくなってきています。
手塩にかけた養殖魚の身は引き締まり、コリコリとした食感が味わえます。

どこで手にいれられるのか

近年魚介類よりも、肉類の消費量のほうが多くなっています。
魚介類を好まないことや、肉より高い、調理が面倒などといった理由があげられます。
魚には、肉よりもたんぱく質やカルシウムが豊富です。
血液をサラサラにする効果もあります。
1週間に数回は摂っていただきたい食材のひとつです。
新鮮な魚介類を食すことで、少しでも魚になじみをもっていただけたら幸いです。
長崎の養殖魚は、現地で食すこともできます。
旅行などの行かれた際に、一度ご賞味ください。
直売所で購入する方法もあります。
遠方で現地へ足を運ぶのが、難しいこともあるでしょう。
ふるさと納税の返礼品にも登録されています。
ふるさと納税は、所得によって納税額が決まっていますので、ご注意ください。

Be the first to reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA