奈良で商業不動産を購入するなら?不動産投資のポイントと注意点

商業用不動産とは、投資用不動産または収入用不動産とも呼ばれ、自己の居住などを目的とした不動産の取引ではなく、賃貸収入などから利益を生み出すことが目的の不動産の事です。
この記事では、奈良にある商業用不動産の紹介と、不動産投資をする上で大切なポイントと注意点を紹介します。
賃貸収入は元を取るまで時間がかかると言われていますが、商業施設などはうまくいけば利益は大きいので資金に余裕がある方にはおすすめです。

商業用不動産の種類

商業用不動産と聞くと、どの様な不動産を思い浮かべますか?
多くの方はマンションやアパート、戸建てや土地を思い浮かべるのではないでしょうか。
実は商業用不動産はオフィスビルやホテル、医療センターやショッピングモール、さらには農地や倉庫・ガレージなど数多くの不動産が存在しています。
地域や場所によって利益の見込める不動産は変わります。
今回は奈良で商業不動産を購入する方に向けて、商業不動産を購入するときのポイントと注意点を紹介します。

商業用不動産を購入するときのポイントと注意点

商業用不動産で商業ビルや商業施設への投資をするメリットは、マンションやアパートに比べて賃貸料が高く利回りが良いことです。
さらに、敷金などの補償金も高いので投資資金の回収がしやすかったり、経費が掛かりにくいなど多くのメリットがあります。
しかし、デメリットもあります。テナントの募集が難しかったり、空室になったときのリスクの高さなどが挙げられます。
投資をする施設の周りの情報収集をしっかりしておかなければ、リスクばかりが高くなっていくので注意しましょう。

奈良で商業不動産はアリなのか?

商業不動産投資で人気があるのは、首都圏と関西圏です。
首都圏は東京・千葉・神奈川・埼玉辺りで、関西圏は大阪・京都・兵庫・滋賀・奈良を指すことが多いです。
奈良も商業不動産で利益を出せる見込みが高く、出店地域のリサーチを怠らなければ大きな利益を出すことも可能です。
特に居抜き物件などは人気が高く、テナントが決まりやすいのでおすすめです。

Be the first to reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA