下関市で見る軽運送の求人事情

西日本でも有数の物流拠点

インターネットがいくら流通して情報をすぐに伝えられるようになったとしても、物体そのものを飛ばすことはできません。
ネット通販で買い物をしたとしても結局は人の手で物を届けるようにしないといけません。
そういった意味でも、物流は日本を経済的に支えるだけでなく世界になくてはならない流れになっています。

下関は日本の中で本州と九州を行き来する往来の都市というだけでなく、それぞれの物流の拠点として栄えてきました。
物の大小に関わらず、日本の生命線として多くの需要が今もあるのです。
特に工業や観光都市として注目されている福岡との接点が強いため、今後もますます需要は増えると予測できます。
そんな下関での運送業にはどんな求人があるのでしょうか。

軽運送業の求人事情

最大積載量が350kgに位置する軽運送、いわゆる軽貨物ドライバーとなる求人は、さまざまな会社で需要が高くあります。
スマートフォンの普及やネット通販右肩上がりになるにつれ、年々軽貨物の配送が多くなったということもあるでしょう。
通販で購入された物は小型の物だけでも豊富な種類があり、現在ではその莫大な数に対応するためにどの企業も人手を必要としているのです。

そのため、日本の物流拠点で軽運送として下関の需要は今も右肩上がりであり、年々新たな人材を必要としています。
もちろん昇給制度や各種保険を整備している会社も多く、今後の将来性も期待できます。

また軽運送ということなので荷物自体が重くなく、比較的運びやすいという点もあげられます。
体力に自信がなくても始められるのは、非常にうれしいことではないでしょうか。

軽運送業に必要な資格

軽運送業に必要な資格は普通自動免許さえあれば、誰でも基本はOKです。
車両も軽車両のみなので、油断から車を使っている方ならすぐにでも始められます。
正社員での就労も多く出されていることも多いので、自分に合うお仕事であるなら始めて見てもいいかもしれません。

Be the first to reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA